特定非営利活動法人-共働学舎ロゴマーク 共働学舎について トップへ戻る
新得共働学舎 寧楽共働学舎 信州/南沢共働学舎

共働学舎について
共働学舎構想
特定非営利活動法人(NPO)設立主旨
創立者 宮嶋真一郎 紹介

創立者 宮嶋真一郎 紹介
大正11年6月18日名古屋にて生まれる。
 中学1年より、羽仁もと子創立の自由学園にて学び、卒業後自由学園に教師として残り、31年間男子中学・高校生と生活する。英語教師のみならず、生徒と植林、スポーツ(サッカー)農作業などを共に行う。
50歳にて退職し、父親の郷里である長野県北安曇郡小谷村にて心身にハンディのある人たちとの生活「共働学舎」を始める。

創設者 宮嶋真一郎の写真


 現在長野県小谷村の2カ所(立屋地区、真木地区)北海道の3カ所(寧楽、新得、沼田)、東京の南沢の通所のクッキー作り作業所、東京事務所に合わせて約150人がメンバーとして生活している。
【著書】「人間 共に生きよう」(清林寺)

●詳しくはこちらをご覧ください。>>
当サイト内に掲載されているすべての文章・イラスト・写真の無断転載、転用を禁止します。
共働学舎 © Copyright All Rights Reserved.
|お問合せ・ご相談はこちら|